オーディオ買取 > オーディオあれこれ > オーディオセッティングのいろは

Arekoreオーディオセッティングのいろは

1. 左右のスピーカーと正三角形に配置する

ステレオの配置の基本は左右のスピーカーと正三角形の角度で向き合うのが基本です。
ただし、部屋の形によって縦長だったり横長だったりいびつだったりとするので状況に応じてアレンジしてみるのもよいでしょう。
たとえば、角度が開いてしまう場合はスピーカーの向きを内向きに角度をつけたり壁から離してみたりと調整してみましょう。スピーカーの位置、角度を微調整して正しくベストにセットできれば、録音された楽器の音もイメージされた通りの再生が実現可能なはずです。

2. 部屋に合った音響処理をする

防音対策のある広い専用ルームがあれば理想的ですが、工夫次第で狭い部屋でも充分いい音を楽しむことができます。窓があればカーテン、和室ならカーペットなどを使い家具の配置なども変えてみたり、良いと思うことを試してみましょう。

3. オーディオは使いこんでなじませる

セッティングが終わったら音を聴きながら微調整していきましょう。
はじめはかたくぎこちない音も徐々になじんでいきますが使い方次第でくせが出てくるのもオーディオのおもしろさです。いつも大音量で聴いているのとおとなしく聴いているいるとでは音質もかわってきます。
オーディオは使っていくことによって動きもよくなり本来のなめらかな音を楽しむことができます。

4. スピーカーケーブルの長さは左右そろえる

設置場所が決まったらスピーカーケーブルを位置に合わせ左右同じ長さに切りそろえておきましょう。
後々の配置替えに備え長めのケーブルをそのまま使用する手もありますが、長すぎるケーブルは音の劣化が心配されます。3、4m程度なら問題ありません。

5. スピーカーは土台と空間が重要

スピーカーの周辺にはできるだけ空間をとることが大切です。
床や壁から近いと音がこもりのびのびとした音を出すことができません。ついついコーナーなどにくっつけて設置しがちですができれば壁から60cm程度離すのがベストです。
また、床からも60cmの高さにするのが基本でスピーカースタンドなどもこの高さがスタンダードです。とはいっても部屋の広さもありますから壁から少しずつ離していって音を確認しながら位置を決めましょう。
また、床や壁に伝わる振動はノイズとなりクリアな音がでません。振動を吸収するには様々な構造のインシュレーターを使うことをおすすめします。ウッド系のタイプはやわらかな音に金属系のタイプはシャープな音になります。また、振動処理にはスパイクタイプが効果があります。

6. 端子の「L、R」「+、-」を必ず合わせる

スピーカー端子の左右を間違えて逆つなぎにすると楽器の位置が逆に聞こえるのがわかります。
また、「+」と「-」の極性を間違える逆相つなぎでは左右の音が打ち消されフワフワと安定感のない妙な音の広がりになってしまいます。必ずチェックしましょう。また、接続には2通りのつなぎ方があります。
導線をむき出しにしてつなぐ「先バラ」では思わぬショートの原因にならぬようキチンとヒゲを処理してつなぎましょう。おすすめは端末処理をしてつなぐ接続法です。
バナナプラグやYプラグをつかえば確実に接続できより安全です。バナナプラグは抜き差しが楽ですがバネがへたりやすくYラグは端子によってサイズが合わない場合がありますので注意してください。最近2組の端子をもつバイワイヤリング対応スピーカーが増えています。これはウーハーとツイーターの回路を切り離し相互干渉をさける為の工夫です。バイワイヤリング端子はジャンパー線を使い普通のシングルワイヤリングとして使うこともでき音の違いを楽しめます。
バイヤイヤリング本来のつなぎ方をするには2組のケーブルが必要でジャンパー線をはずし、それぞれの端子からアンプの端子へとつなぎます。一方、シングル接続の場合はウーハー側につなぐかツイーター側につなぐかによって微妙なニュアンスのちがいがうまれます。ウーハー側とツイーター側と1本ずつクロスして接続することもでき試してみるのもよいでしょう。

7. アンプとスピーカーは水平に横並びがベスト

ラックを使用する場合は必ず水平になるよう土台をしっかり固定します。
特にレコードプレーヤーはわずかな傾きにも気をつけたいので水準器を使うのがおすすめです。ラックには縦型、横型とありますが放熱対策設置の面からも横並びがベストです。縦型のラックを使用する場合はアンプの放熱を考え充分な空間をとりことが大切です。重ね置きはさけましょう。

フリーダイヤル 0120-511-329 / メールでのお問い合わせはこちら